So-net無料ブログ作成
検索選択

オッパイが小さいのは遺伝なの? [貧乳お悩み相談]

オッパイが小さいのは遺伝なのでしょうか?

実際、特に何が違うわけでもないのに、生まれつきオッパイが大きい人と小さい人がいるようです。

乳房の中にある乳腺の数などは生まれもって決まっているものですから、遺伝的な要素がないとは言えません。

しかしそれだけではなく、バストの大きさは食事や運動、女性ホルモンの分泌などによって変わってきます。

母親のバストが小さいからと言って諦めることはありませんよ。

バストが大きくなるためには乳腺が発達することが必要です。出産後、赤ちゃんに母乳を与えるために乳腺が発達すると、オッパイが大きくなることはよく知られていますよね。

乳腺が発達すると乳腺を守るために乳房の中の脂肪が増えてバストが大きくなります。そして乳腺を発達させるために必要なのは女性ホルモンなのです。

では女性ホルモンを増やすためにはどうしたらいいのでしょうか。

ひとつはバランスの取れた食事をすることです。特に女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンをたくさん含んだ、豆腐、豆乳、納豆などの大豆製品はバストアップに効果的です。

また規則正しい生活を送るということも大切です。良質な睡眠を取ることは、ホルモンバランスを整えるとともに、美肌効果などもあります。

喫煙習慣は女性ホルモンの分泌を大きく妨げる原因になるので避けましょう。受動喫煙でも同様のことが起こるので注意が必要です。

大胸筋・小胸筋を鍛える運動も、バストアップのためには効果的ですよ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。